ジョイフルロード ゲーム、アニメ、映画等の話題

 別名:ポップガンのブログ

ゲーム、アニメ、映画等の作品を、機種、ジャンル、新旧、問わずに話題を取り上げております。
ゲームミュージック、アニメソング、声優、ドラマの話題もあり!
■管理項目

■メイプルストーリーのファンサイト
ジョイフルロードinメイプルストーリー

■ランキング

人気blogランキング

くつろぐ

■相互リンク

相互リンク宣言

■ネットゲーム

メイプルストーリー

テイルズウィーバー

マビノギ

チョコットランド

アラド戦記

エルソード

「機動戦士ガンダムオンライン」新規会員登録

大戦略WEB

ドラゴンクエストモンスターパレード

■アフィリエイト

広告貼るならアクセストレード!

キュアは要らない!X−MENファイナルディシジョン
映画『X−MEN・ファイナルディシジョン』を劇場まで観にいきました。
これは、アメリカの人気コミックが原作となるアクション映画です。
様々な怪能力を身に付けた、人間の進化型と言われるミュータント達が活躍します。
タイトル名に付けられた”ファイナル”というのは、
はたしてそのまま真に受けてもいいのでしょうか?
映画『X−MEN』シリーズは、これで第3作目となります。
今作では監督が交代されておりますが、
内容や表現等に変わったところはほとんどありません。というかわかりません。
人間とミュータントの間で起こる差別問題や、
ミュータント同士での争いが起こる点など、
これまでのシリーズと同様の展開が見られます。

内容は、ミュータントの能力をなくすことができる新薬”キュア”を巡っての、
人間とミュータントの争いを描いた物語です。
キュアは、ミュータントとしての能力を不快に感じているミュータント自身が、
普通の人間になりたいという希望から開発された薬で、
本来は、希望者のみが使用できるものでした・・・。
(↑普通の人間になるかどうかは本人の判断で自由に決められるものだった)
それを、一部の人間達が、強制的にミュータントを排除(治療)するべく、
銃の弾丸などにキュアを仕込み、兵器として利用を開始します。
ミュータントの中にも正義側(人間、すなわち他人を守るために能力を使う者)と
悪側(ミュータント、すなわち自分のために能力を使う者)とがあり、
悪側は、そのような人間の強引な薬の使い方に反発し、
武力による全面対決を始めてしまいます。

途中までは、ミュータント側は正義も悪もないかのように同行し、
協力しているような場面があります。
(↑基本的には人間vsミュータントなので)
ですが、最終的にはミュータント同士正義側と悪側との対決になります。
(↑『2』でもあった展開です)
皮肉にもキュアの源は、
ミュータントの能力を無くす能力があるミュータントの力です。
ミュータントの能力を妬む人間達の望みを叶えるためには、
結局ミュータントの力が必要になるわけです・・・矛盾しています。

登場人物に関しては、
ストーム(ハルベリー)がかなり格好良くなりましね・・・。
強い女のイメージがさらに向上した感じです。
主役のウルヴァリン(ヒュージャックマン)と
サイクロップス(ジェームズマーズデン)の2人はかなり老けた感じがします。

アクションの迫力など、シリーズ共通でかなり面白かったです。
新たに登場した強力なミュータント達の影響で、
若干、主役が落ちぶれて見えるところがいくつかありますが、
最後には必ず勝つので、特に問題ではありません。
個人的には、ミュータント派の民間人によるキュア使用反対のデモのシーンが
とても印象に残っております。”キュアは要らない!”と書かれたプレートが、
まるで”核兵器は要らない!”という、
実際にアメリカで起きていた反対デモのように思えたからです。
ここでいうキュアとは、核兵器に値するほどの脅威だったというわけですね。
ファイナルディシジョン(最後の選択)というタイトル名が付いておりますが、
これは多分、作品の最後という意味ではないと思います。
もし最後だとするのならば、あの終わり方は許せません。
実は、この作品にはエンドロールが終了した後にもう1シーンあります
(エンドロールとは、
 映画に登場する俳優や制作スタッフなどの人物名を一覧する字幕のこと)
相変わらず、エンドロールが始まるとすぐに、
そこでもう完全に終わりだと思い込んで、席を離れてしまう人が多数おります。
今回も、館内にる半分以上の人達がエンドロール中に退場してしまいました。
その最後の1シーン・・・かなり重要です。
なので、これから観るという方は充分に注意しておいてください。
このことを覚えておき、エンドロールも含み、ちゃんと最後まで見届けましょう!

 X−MENファイナルディシジョン公式サイト

この記事はブログピープルへトラックバックしております。
トラックバックピープル:映画館で観たよ

この記事に好感を持たれた方は以下のバナーをどれか1つクリックしてください。
アクセスUPにご協力お願いします! アクセスUPにご協力お願いします! アクセスUPにご協力お願いします!

関連グッズの紹介(各シリーズのDVD)


| ポップガン | 映画 | 18:39 | comments(2) | trackbacks(18) |
どうやら主役級の俳優たちの契約も3本目で切れたようなので、このメンバーでの『X−メン』としてはファイナルかもしれません。

そういえば「ファイナル」ってタイトルについてるのに、何作も作られ続けてる「ファンタジー」なゲームもありますから(笑)。

てなわけで、TBありがとうございました。
| にら | 2006/09/22 11:14 AM |

コメントありがとうございます。

ちょっとウケてしまいました。
(↑ファンタジーと名の付くゲームのことね)
確かにそうですが、あれはメインタイトル名ですからね・・・。
サブタイトルで”ファイナル”と付けられると、完結の色が濃くなります。

これからもよろしくお願いいたします。
| ポップガン | 2006/09/22 9:02 PM |










http://popgun.joyfulroad.moo.jp/trackback/358380
X−MEN:ファイナル ディシジョン
本シリーズは、最終回と言っているものの、映画の最後ではマグニートーが チェスの駒を少し動かしたような気がする。気のせいだろうか。 また、病院のベッドの上で治療を受けている男性チャーリーが喋っている。 実は、Xメンは次回以降も続くのだろうか・・・・?!
| ちょっと話題のブログを目指して。 | 2006/09/10 6:57 PM |
X−MENファイナルディシジョン
大ヒット作、『X−MEN』シリーズがついにクライマックスを迎える。並はずれた特殊能力を有するミュータント集団“X-MEN”の活躍を描くマーヴェル・コミック原作の大ヒット・シリーズ第3弾にして最終章と銘打たれたSFアクション大作。主演は、ヒュー・ジャクマ
| パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ | 2006/09/11 10:27 PM |
X-MEN/ファイナル・ディシジョン
終わるようで終わらない完結編もどき。 まだまだ続いてほしい!
| Akira's VOICE | 2006/09/12 1:01 PM |
『X-MEN:ファイナル ディシジョン』
20年前のチャールズとマグニート。 若作りは、GCか?特殊メイクか?
| ねこのひたい〜絵日記室 | 2006/09/15 4:28 PM |
映画「X-MEN:ファイナル ディシジョン」
2006年48本目の劇場鑑賞です。公開当日劇場で観ました。「ラッシュ・アワー」「レッド・ドラゴン」のブレット・ラトナー監督作品。並はずれた特殊能力を有するミュータント集団“X-MEN”の活躍を描くマーヴェル・コミック原作の大ヒット・シリーズ第3弾にして最終章と銘
| しょうちゃんの映画ブログ | 2006/09/15 11:21 PM |
★「X-MEN:ファイナル ディシジョン」
06年9/9の公開初日のナイトショウ(23:50〜)で観て来ました。 おさらいで、1・2作目は事前に見ておいたよーーーっ。
| ひらりん的映画ブログ | 2006/09/16 3:09 AM |
『X-MEN:ファイナル ディシジョン / X-MEN: THE LAST STAND』☆今年67本目☆
マーベル・コミックの『X-MEN』を原作とするシリーズの3作目。 シリーズ1からずっと観てるけど、毎作物足りなさが残る…(-.-;) そして、本作もしかり。 製作費は2億100万ドル(220億円)と相当なので、映像的にはかなり迫力があるにも拘らず…だ。 何がいけない
| honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜 | 2006/09/16 7:02 PM |
X-MEN ファイナル ディシジョン 2006-50
「X-MEN ファイナル ディシジョン」を観てきました〜♪ 愛する息子が、ミュータントに変わってしまったことに悩む科学者が、ついにミュータントの特殊能力を取り消し人間に変える新薬「キュア」の開発に成功した。ミュータント達は、人間になるのかそのままミュータ
| 観たよ〜ん〜 | 2006/09/20 7:23 AM |
「X-MEN:ファイナル ディシジョン」見てきました
 この前テレビでやっていたX-メンとX-MEN2を見て復習したので、ようやくX-MEN:ファイナル ディシジョンを見に行く事ができるようになりました。と言うわけで、レディースデーで、女性達に混ざって男一人寂しく見てきました。
| よしなしごと | 2006/09/21 2:37 AM |
X-MEN ファイナルデシジョン
現代に近い近未来。 ジーンを失ったX-MEN。 恋人を失ったショックから立ち直れないサイクロップスに代わり、ストームがプロフェッサーXの補佐として学園とX-MENの指導に当たっていた。 新X-MENはストーム、ウルヴァリンに加え、コロッサス、アイスマン、ローグ、そし
| 映画批評 | 2006/09/22 12:18 AM |
『X-MEN:ファイナルディシジョン』’06・米
あらすじミュータントを人間に変える新薬“キュア”が開発されウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)、ストーム(ハル・ベリー)らミュータントたちは究極の選択を迫られることになる。その一方、仲間を救うために死んだジーン・グレイ(ファムケ・ヤンセン)が復活する
| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2006/09/24 11:08 PM |
X-MEN:ファイナルディシジョン
映画、X-MEN:ファイナルディシジョンを見てきました。これぞSF/アクション映画といわんばかりの内容で大満足でした。 ファイナルディシジョンってことで、ミュータントオールスターって感じです。あれだけの個性のなかで やっぱり一際目立っていたのが、ウルヴァリン
| ブログ:映画ネット☆ログシアター | 2006/09/26 1:17 PM |
X-Men/The Last Stand〜X-メン/ファイナル・ディシジョン〜
『X-Men/The Last Stand』 「X-メン/ファイナル・ディシジョン」 ? 〔About The Movie〕  ミュータント、そして人類の運命は!?人気SFシリーズ第3弾! 主演は「ソード・フィッシュ」や「ヴァン・ヘルシング」、「ニューヨークの恋人」のヒュー・ジャックマン
| Rusty's Cinema Complex | 2006/10/10 1:52 AM |
X−MEN ファイナルディシジョン
 お恥ずかしながら、このシリーズにハル・ベリーが出演しているとは知りませんでした。  こういう作品を観ていると、やはりハル・ベリーは華のある
| シネクリシェ | 2006/10/10 7:41 AM |
X-MEN:ファイナル ディシジョン
人間との共存を願うミュータントの組織「X-MEN」が弱体化する中、仲間を救うために死んだジーン・グレイ(ファムケ・ヤンセン)が復活。その一方、ミュータントを人間に変える新薬“キュア”が開発され、ウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)、ストーム(ハル・ベリー
| スーパーヅカン | 2006/10/20 1:57 AM |
X-MEN:ファイナル ディシジョン (X-Men:The Last Stand)
監督 ブレット・ラトナー 主演 ヒュー・ジャックマン 2006年 アメリカ映画 105分 アクション 採点★★★ 無敵の帝国軍が毛むくじゃらのチビッコにコテンパンにされたり、辻褄合わせを放棄し禅問答に終始したり、突如ロボが空を飛んだりと、世界中の映画ファンが腰を抜
| Subterranean サブタレイニアン | 2007/01/16 4:21 AM |
X-MEN ファイナル ディシジョン
製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 105分 監督 ブレット・ラトナー 製作総指揮 スタン・リー 、ジョン・パレルモ 脚本 ザック・ペン 、サイモン・キンバーグ 音楽 ジョン・パウエル 出演 ヒュー・ジャックマン、ハル・ベリー、パトリック・
| タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌 | 2007/01/22 1:16 PM |
X-MEN ファイナルディシジョン
1,2がかなり面白かったので 最終話といわれているこの作品は是非劇場で観たいと思っていたのだけれど やっとDVDで観ました。f(^^;) プロフェッサーXの右腕だったジーンの死にいまだ動揺するX-MEN。 そんな中、 ミュータントの能力を消去し普通の人間にする
| 映画、言いたい放題! | 2007/01/24 2:17 PM |

 ■ブログピープル関連項目(このブログのレビューをお願いいたします!!)

ひろがるぶろぐ このブログを登録する

●リンクリスト
 ■トラックバックピープル「アニメソング」新着記事

 ■トラックバックピープル「メイプルストーリー」新着記事
 ■カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
 ■自己紹介
  メイプルストーリーのポップガン
 ■カテゴリ
 ■アーカイブ
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■ブログリンク
■ショッピング


アニメイトグループムービック

 

このページのTOPへ↑

本日

前日

総計